平成28年度補正予算ものづくり補助金の概要

 今回のものづくり補助金も、第四次産業革命型で最大3000万円獲得のチャンスあり。一般型でも通常1000万円のところ、雇用増や最低賃金の影響を受ける場合などの条件を満たせば最大3000万円のチャンスがあります。

 このものづくり補助金は、製造業はもちろん、商業・サービス業の革新的サービスや試作開発、高度生産性向上に必要な設備投資資金を補助するものであるため、歯科医院も利用可能(ただし医療法人は対象外)です。

 今回のものづくり補助金の補助上限額は以下、詳細は公募要項をご参照頂くか、弊社までお問合せ下さいませ。

 ※上記画像は公募要項より抜粋

 ものづくり補助金の採択率と今回の採択率予想

 過去4年の全国のものづくり補助金の採択傾向を見てみますと、最初の3年は40%前後となっていましたが、前回平成27年度補正予算は採択率は30%を切る結果となっており、競争が激しくなっていることを示しています。

 今回の平成28年度補正予算のものづくり補助金は、すでに採択予定件数は6,000件程度と公表されており(前述の事務局の公募要項に記載あり)、申請数は前回同様25,000件程度いくだろうと考えると、今回平成28年度補正予算のものづくり補助金はなんと採択率25%程度と予想され、さらに前回よりも厳しく、競争が激しくなることが予想されます。

 早めの準備とものづくり補助金採択ノウハウを持つプロフェッショナルコンサルタントへの依頼が採択率を高めます。ぜひお問合せ下さいませ。